HTML5やCSS3のブラウザ対応状況がわかるサイトまとめ

html5-css3

よく使うCSS3のセレクタを忘れたり、「あれ、これってベンダープレフィックス必要だったかなー、まあとりあえず入れておくか。」って事があったり、しれっとブラウザが対応していたりしたのでそんな時に役立つサイトをまとめました。

PC向けブラウザ対応状況

「Can I use」

Can I use

「Can I use」は上の検索窓に調べたいセレクタを入力。どのブラウザで使えるかが色分けされますし、ベンダープレフィックスが必要かどうか調べることができます。他にもSVGやJavaScript APIの対応状況なんかも教えてくれます。便利ですね〜。

  • 緑 = 使用できる
  • 赤 = 使用できない
  • 黄 = プレフィックスが必要

「Web Designer’s Checklist」

Web Designer’s Checklist

「Web Designer’s Checklist」はCSS3のプロパティとセレクタ、HTML5のブラウザ対応状況が確認できます。僕はクセ者であるIEの対応状況を調べる時に使っています。

モバイル向けブラウザ対応状況

「MOBILE HTML5」

MOBILE HTML5

「MOBILE HTML5」はCSS3やSVG、APIなどのモバイル対応状況が確認できます。

ブラウザシェアがわかるサイト

ついでにブラウザシェアがわかるサイトも。

StatCounter Global Stats

StatCounter Global Stats

「StatCounter Global Stats」は現在のブラウザシェアをグラフで表してくれます。プラットフォームや国で絞り込みできたり、グラフをPNGやCSVでダウンロードできます。それにしてもChromeのブラウザシェアがいつの間にか50%近いですね、さすがっす。

シェア

コメント